パッケージ総合印刷 有限会社和弘印刷

■お問い合わせ TEL 052-504-1761/FAX 052-504-1763

トップページ > UV印刷と油性印刷の違い

UV印刷と油性印刷の違い

UV印刷とは…

UV印刷とは、紫外線(Ultra Violet)を照射することによって瞬間的に硬化乾燥するUVインキを使用する印刷方法です。

一方、油性印刷では自然乾燥のため、乾燥までに長い時間がかかります。そのため、裏移り防止のためスプレーパウダーを使用し、紙をあまり重ねないという対策をとります。


<乾燥>

<耐性>

※硬化性・各種耐性・臭気は、使用するインキタイプ、印刷条件(スピード、UVランプの強度)によって変化します。


UV印刷と油性印刷の違い(当社比較)

 
UV印刷
油性印刷
印刷用紙 紙、蒸着紙
印刷方式 UVオフセット印刷 オフセット印刷
インキの成分 樹脂・光開始剤・ドライヤー・ワックス 樹脂・石油溶剤・ドライヤー・ワックス
耐性
乾燥 0.2秒
紫外線硬化(紫外線による乾燥)
48時間
浸透・酸化重合(自然乾燥)
印刷費用
メリット
  • 有機揮発性化合物を排出しない(原則、無溶剤)のため環境にやさしい。
  • 瞬間硬化であるため、生産性向上、短納期に貢献できる。
  • スプレーパウダーを使用しないので薬品・化粧品・食品関係の印刷に最適。
  • 瞬間硬化のためPET・PVC・PP・メタル紙など様々な原反に対応可能で、多彩な表現が出来る印刷方式である。
  • 刷色が鮮やかに再現される。
  • UV印刷よりコストが安い。
デメリット
  • インキ価格、UVランプの価格が高い。
  • 瞬間硬化のためレベリング性が低下し、グロスも低下する。
  • 乾きが遅い。

ページTOPへ